グレイテストショーマン

遅ればせながら

グレイテストショーマンを観てきました。

DVDでもいいか。というささやきも

聞こえましたが

結果

これ映画館で観てよかった!!

って心底思いましたよ

今年を表す映画なんじゃないかな?

数年前のアナ雪

去年の君の名は

そしてことしはグレイテストショーマン

な気がする

始まりから、泣きっぱなし。

なぜか涙がでてくるのです。

感動しているのもある

浄化してるのもある

映画を観てこんなふうになったのは初めてでした。

あまりにネタバレもなんですので

まだ観ていらっしゃらない方は

ぜひ観ていただけたらと思います。

最後のメイキングのところで

いままでは控えめに端っこのほうで

歌っていた人が

最高に輝きながら歌っている光景が

流れました。

あまりにその変化がすごくて

人はこうやって

瞬時に変化できるだけの存在なんだ

ということを思い出させてもらったような

きがしました。

私たちは何者かになる

という外に向かっている意識から

自分は何者であるのか?

を内に問いかける意識に

変化してきているんではないでしょうか?

自分は何者であるのか?

何を表現するために生まれてきたのか?

その問いに答えられるのは

自分しかいないのです。

読んでくださってありがとうございます。