小田原フラワーガーデンの花々と果実!! - 相模太夫の旅録=Tabi Log

神奈川県小田原市久野に「花と緑の生活文化の創造」をテーマとした「豊かなライフスタイルを築く"楽しい花園"づくり」を目指して平成7年に開園した公園「小田原フラワーガーデン」はある。当園のメイン施設は熱帯植物を展示の「トロピカルドーム温室」、公園面積の約半分を占める「渓流の梅園」、他にもアルカディア広場周囲に広がる「バラ園」の傍に「アリウム・グローブマスター」(大きいネギ坊主)、渓流沿いから池周囲に広がる「ハナショウブ」と「睡蓮」、「ハーブ園」の一角には実をつけ始めた「ブルーベリー」そして赤い「ブラシノキ」、「サボテン温室」では「サボテンの花」と「ハイビスカス」、正門右側クロッカスの丘フェンス沿いに「あじさい」がガーデンを美しく彩っている。(1805)