国際文通週間の切手「甲州かじか沢」 - じじの折々の記

画像の切手は、葛飾北斎の「甲州かじか沢」の図が入った国際文通週間の記念切手です。

これって、一見すると波立って海のように見えますよね。どこかの海岸で、富士をバックにして・・。しかし、よく見ると漁師が投網しています。海で岸から投網というのは、ちょっと不自然です。

図の題は甲州です。甲州と言えば今の山梨県あたりでしょう。当然、海のある場所ではありません。調べたところ、ここは富士川のようです。流れが急な岩場から、投網している図ですね。