荒と田尾 - 杏子(あんず)のエナジーブログ

私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療をつづけていました。

赤ちゃんが欲しいと思いはじめてから2年。

タイミングを見計らって努力しても、一向に身篭もるの兆候が見られなくて、親戚にコドモができたことを聞かされたりすると、やりきれない気分でした。

病院で検査を受けているときまでは不安でしたが、多嚢胞性卵巣症候群というのがわかり、排卵誘発剤が有効というので試してから、二周期ほどで身篭もるできました。

ストレスも原因だったのかなと思います。

早めに受診するべきでしたね。

不妊の根本的な原因は、排卵がうまくいかない排卵障害や、受精しても子宮に着床が困難であるといった女性由来の場合と、精子の量が著しく低くて受精に至らない無精子症や性機能障害等、男性側の原因とが考えられます。原因といってもこのように複数あり、男女どちらかのせいにするのは非現実的です。

不妊対策をしたいと思ったら、女性のみならず男性も検査を受けることが必要です。

妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、造血作用を高める効果があります。

この効果は不妊改善にも有効で、子宮に受精卵が着床するのをサポートするので受胎しやすくなるので、タイミング療法と組み合わせる人も多いです。

造血作用で血液が増えることで、酸素や栄養も運ばれやすくなり、生殖機能そのものが底上げされ、不妊状態を改善するのにとても有効なのです。妊婦における葉酸の効果はみんなご存知の通りですが、一番理想的な服用方法は、やはり食事の中で十分な葉酸を摂る事だと言えます。具体的に、葉酸を多くふくむ食材は、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花や小松菜などにも多くふくまれています。

もしくは納豆や枝豆、ホタテも沿うです。

このように葉酸を多くふくむ食材は幾つかあるのですが、毎日食べるのは難しいと言う事もあるでしょう。

特に受胎初期は、つわりなど体調が不安定になりがちですので、食事自体がつらいという時もありますね。

沿うした時にはサプリメント等を活用するのがおススメですね。栄養補助食品メントだったら簡単に摂取できます。

葉酸の栄養補助食材は様々にありますが、妊婦や妊活中の女性にとって嬉しい成分がしっかりとふくまれている栄養補助食材と言えば、妊婦や赤ちゃんをサポートする製品で有名なピジョン株式会社の葉酸サプリです。

ピジョン葉酸栄養補助食材は幾つかの種類があります。大抵の商品が葉酸だけではなく鉄分をプラスしたものや、カルシウムがプラスされたものなど、それぞれに特徴があります。どれも妊婦にとって不足しがちな栄養素ですし、こうした成分がまとめて入ってますから、一錠飲めば、不足しがちな成分をまとめて補給できるというワケなんですね。

この葉酸サプリだったら、多彩な栄養補助食材を複数飲む必要が無いため、手軽に十分な栄養素を服用出来ます。

管理も楽なので、おススメです。

ピジョンのサプリには、それぞれのサプリが含有している成分に特徴がありますから、ご自身が不足しがちなEPADHAが入ったサプリを選んでみて頂戴ね。一般的に、妊娠してから病院が行なう栄養指導や、母親学級で指導された方も多いと思います。

このような場で、葉酸が赤ちゃんに与える働きと、葉酸が多くふくまれる食べ物についての紹介もされた方が多いのではないでしょうか。

葉酸をふくむ食材として、多くの方がご存じなのがレバーです。持ちろん、野菜も代表的な食品の一つです。

食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が加熱によってその大半が失われてしまうという葉酸の特質を承知の上で、食材を調理するようにしてください。

受胎を要望する方にとっては、どのような栄養を摂取し避けた方が良いのかしることは大事ですよね。

食事内容は持ちろん、何気なく口にしているお茶の成分も気になりますね。

普通、妊活中の方が良く飲むお茶としては、タンポポ茶やルイボスティーなどの名前が挙がりますね。これらはカフェインが含有されていませんので、妊活中の女性にも胎児の成長にも優しい、理想的な飲み物です。

特にルイボスティーは鉄分を豊富に含んでいるため、貧血の予防になると言われていますので、無事に妊娠した後も、ぜひ飲みつづけてみてください。一度目の身篭もるの時、流産してしまいました。とても悲しくて、しばらくコドモのことは考えられなかったのですが、だいたい一年位たってから、またコンセプションについて前向きに考えられるようになり、妊活をはじめました。

身体の調子を整え、身篭もるしやすい体になろうと考え、冷え性を治沿うと運動することを思いつきました。

その結果、新陳代謝が良くなっ立ためか、基礎体温があがって、冷え性を治す事が出来ました。自分の体が改善されたことを実感できて、ますます妊活をがんばろうと思いました。妊活中やコンセプション初期の女性にとって、葉酸の働きは最も重要なものだと言われており、厚生労働省が妊活中や身篭もる中に適切に服用するよう勧告していることからも、その効果が伺えます。

葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、尿などに混じって排出されています。ですから、人体に留まって蓄積するという事はありません。

ということは、葉酸不足を避けるために、推奨される量以上の葉酸を摂っても平気なのでしょう。

実際には、沿ういうワケでは無く、葉酸を過剰に服用すると発熱や呼吸障害、かゆみや吐き気などを引き起こすという報告がされています。

葉酸栄養補助食材は食事での服用にくらべると、過剰服用に陥りやすい側面もあります。葉酸栄養補助食品を飲む場合には、提示されている規定量を超えないように気を付けて頂戴。葉酸の服用によって胎児の先天性異常の発症が抑えられる可能性があります。葉酸の服用方法としては、厚生労働省が推奨するようにコンセプション前からコンセプション初期にかけて、サプリメントによる葉酸服用が良いとされています。

効率的な服用のタイミングは、ごはんを食べてから30分以内に、サプリを飲むようにして頂戴。食事で得られる栄養素と相互作用することで、葉酸の効率的な働きを促すことが出来ます。一方で、空腹時に葉酸栄養補助食材を服用してしまうと食欲不振や吐き気といった、胃の不調が出ることもありますので、必ず胃に何か入った状態で栄養補助食品を服用して頂戴。