さようなら事務処理能力・量より質 ( 法律、行政 )

どうやらゆりっぺは完全に司法書士試験の書式沼に嵌ってしまったようです。

抜け出せない。

ゆりっぺの事務処理能力は平均以下だと思います。

今年は不動産登記で過去最悪の選択をしてしまったかもしれません。

これは3か月後にわかるでしょう。

ゆりっぺは今年も基準点は超えているはずなので、出願者1万7000人のうち、書式の採点を受けられる2000番には入っています。

5回以上基準点を超えて1度も最後の商業登記書式を書ききったことはありません。

すべて後半途中答案です。

書式の基準点を超えたことは一応ありますが・・・。

1000番から合格する600番に入るために考えました。

少なくとも書いたところが正しければ今年の分量以下でも十分合格点はもらえます。

中途半端な答案を急いで書いても無限に減点されるだけです。

商業登記の後問は一切見ない。

白紙でもいい。

得意の不動産登記でケアレスミスを防ぐ。

商業登記の前問のみじっくり読んで解答する。

覚悟を決めること。

基本を疎かにしない人が合格するのは、こういうことなんだと長い受験生活を経てわかってきた気がします。

今さらですが。

気付いた時が始めどき。

遅すぎることはありません。

やっぱり遅い?