0点

日頃から外食の誘いはあっても、家庭にまねかれることはほぼない。

旦那がツレなのですが、やたら伏線をはってくる『忙しいでしょ?』

とか『無理っぽいならいいっすよ』とか。

んにゃ。むちゃヒマよ。なんと奥様の手作り『夏野菜鍋』だって。

むむ…。微妙…。確かにイヤな予感しかしない。そーなると旦那の

防御姿勢もきになるな…。ジャーン!前菜です!これで鍋ができるまで

しばらくお過ごしください〜!とはしゃぐ奥様。

んん〜?これは何じゃ?なんか生野菜の上に野菜が見えなくなるほどの

何かがかかった何か。パク。んー…。手間がかかっているのは想像できる

が不味い。温野菜の上にイワシ?と牛ミンチとトマトとチーズと何かか?

それにパセリも効いてるな。ん?レモンの皮も感じる。てかミンチ生?

それが私を含む3人の前にでーんと大皿で…。困ったな…。

きゃー!恐怖の鍋の到着!でったー!パクチー鍋。スープが赤い。

トマトベースのスープで具材のメインが『ブリ』…。そのうえに鍋が隠れる

ほどのパクチー。マジっすか?なにを参考にしたのやら…。

しかしなぜに鍋にブリを入れるかね〜?発想が分からん。漁村出身者か?

前菜なんてスルメ、あとちくわにキュウリ突っ込んだのぐらいでOKっしょ?

夏鍋?ハモチリが理想だが無理なら柳川的な軽いのとか、しゃぶしゃぶで

エエんでないの?しかし奥様の『ドーダ感』を見てるとなにも言えない。

げんなりしながらも完食。『じゃああ、おじや作りまーす』って。

出てきたのチーズ仕立ての謎のコメ入り謎おじや…。げっふー。もーえー。

社交辞令も出てこない。さようなら。

私ゃなまじ料理ができるだけに辛い。旦那であるツレが可哀相やな。

そんな日もあっていいじゃあないか。人間なんだから。( ´Д`)y━・~~